2019-08-07


【 茶道具・抹茶茶碗 】
茶碗 青井戸、
四代 眞清水 藏六(ましみず ぞうろく)作
■当作品は、逸品物の為、ご注文時に、
 在庫状況をごお問い合わせ頂ければ幸甚です。



■茶碗 青井戸
分類茶道具       MZ-O2-C-AI-1
-----------------------------------------------
【 青井戸 】
高麗茶碗の種類名称。
青井戸は高台から口縁まで
ほぼ直線的に広がりながら伸びる形が特徴とされる。
釉が青みを帯びるものがあることから、この名称で呼ばれた。
大井戸より小振りで浅め、胴の大きな轆轤のうねりに特徴。

【 井戸茶碗 】
古来高麗茶碗の最高峰とされるもので、
「竹の節高台」と称される高い高台をもつ作品が多い。
侘び茶にふさわしい素朴で力強い味わいがある。
釉は枇杷色と称される。高台付近は強度の貫入で縮れている。
これをカイラギ(梅花皮)といい、独特の見所とされている。

【 高麗茶碗(こうらいちゃわん) 】
16世紀半ば頃から、
日本の茶道で用いられた茶碗の分類の一つ。
朝鮮半島で焼かれた器を、
日本の茶人が賞玩し、茶器に見立てたもの。

高麗茶碗の「高麗」とは「朝鮮渡来」の意であり、
「高麗茶碗」と称されるもののほとんどは、
高麗時代ではなく、朝鮮王朝時代の製品。
作者四代 眞清水 藏六(ましみず ぞうろく)
作者略歴1933年 三代蔵六の長男として京都市に生れる。
1956年 関西美術学院修了、以後父のもとで作陶に従事。
1971年 四代 蔵六を襲名。
1983年 京都 野村美術館において自選展。

日本陶磁協会 機関紙 「陶説」に
「泥中閑話」を連載(〜1986年)。

1987年 金閣寺 落慶法要記念 大茶会香合を謹製。
1989年 唐津にて割竹式登窯(玄々庵)を築窯し、初窯。
-----------------------------------------------
東京日本橋、名古屋三越、大阪大丸、
横浜高島屋、松山高島屋 他、各地で個展開催。
-----------------------------------------------
初代より青磁、三島、粉引、
刷毛目などの茶陶を幅広く手がける。
寸法径14.5cm、 高さ7.0cm。
備考桐共箱、共布、作家栞・略歴付。

新品。

木箱が後日になる為、
納品まで2週間程お待ち頂くことがあります。
茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 【 創業1946年 信頼の店--佐藤大観堂 】


■トップページに戻り、他の作品を見る

幕末の名工:眞清水家、四代蔵六
価格
871,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

「プラント」「建築設備」「一般産業」